ホーム Sparkling Wine
ソーヴィニヨン・ブラン ゼクト レゼルヴ 2016 (シュタイニンガー)

葡萄品種 Sauvignon Blanc 100%
ソーヴィニヨン・ブラン
辛口 白 スパークリング 750ml
アルコール度数 13.1%
酸度 5.2g/l
残糖度 5.0g/l


シャンパン製法 つまり、伝統的な瓶内二次発酵で造られています

単一ヴィンテージ、単一品種によるスパークリングワイン

ラベルはオーナーの手書きで書かれています

ワイン
明るい黄緑色。熟した西洋スグリ、イラクサ、わずかにグレープフルーツの皮の香り。
エレガントでミネラリー、フレッシュな酸味、非常に典型的なニワトコの花のスパイシー感。
ソーヴィニヨン・ブランの品種の個性が見事に感じられ、ボディはエレガントでバランスが取れています。
鱒あるいはサーモンなど魚の燻製もしくはグリル、そしてチキンなどのお料理に、またアスパラガスや野菜のお伴にも適しています。





ワイナリー:シュタイニンガー

ワイナリー
カール シュタイニンガー氏の造り出すスパークリングワインは全て単一品種で醸造されます。
家族経営ワイナリーならではの利点を活用し、完璧な結果がでるまで実験を行います。
『只、純粋なワインの味わいが好き』という彼のこだわりがワインにそれぞれの個性を十分に与え、特徴を持ったアロマと味わいを生み出します。
また伝統的瓶内二次発酵方式でも非常に有名で、ベースとなる美味しいワインと慎重な二次発酵が、素晴らしいスパークリングワインを生み出すカギとなります。
彼のスパークリングワインは他のスパークリングワインやシャンパーニュに見られない味わいを持っています。



醸造
シュタイニンガー氏がスパークリングワインを造りはじめるきっかけは、シャンパーニュ地方への訪問だったそうです。
高級シャンパーニュの品質を狙い、シャンパーニュ(瓶内二次発酵)方式でスパークリングワインを造っています。
高級ゼクトの基は高級ワインです。畑での仕事を大切にし健康な環境を保つ事が条件の一つです。
自然とのバランスを崩さないように、人工肥料を使っていません。そしてヘクタール当たりの収穫生産量も制限しています。全てのゼクトは最低18ヶ月間瓶内醗酵を行います。
彼のこだわりでもある単一品種での醸造により品種それぞれの特徴を存分に活かした、クリーンで飲み応えのあるワインを造り出しています。

カール‐家長

ワイナリーの経営者であり代表です。難しい問題が発生した時に解決する人でもあります。理想的に熟成するためには、今よりもゆっくりできる時間が必要です。彼には愛するものが3つあります:ワインとゼクトと家の女性たちです。



ブリギッタ‐母親であり管理者

一家の要です。よく成長しそして完熟しています。声だけで顧客の誰であるかがわかります。顧客の要望そしてクレームにも対応します。ワイナリーでお金の実権を握っています。事務机から会社を経営、管理そして指揮し、ドイツ語、英語、フランス語が流暢に話せます。現在、日本語を特訓中です。



三姉妹

私たち三人はワインと一緒に大きくなり、ワインとゼクトが両親にいかに多くの喜びをもたらしているか(味わい、製造そして販売において)を、小さい頃から一緒に経験してきました。両親は私たちにブドウ栽培の多面性を見せてくれ、私たちの中のワインに対する愛を目覚めさせました。

エファ‐コショウのようにぴりっとし、若くフレッシュ (1981年)

最年長であるため、他を一歩リードしています。15才にして、ワインの香りを取ること、味わうことを習得し、一家の嗅覚となっています。ワインだけではなく、ワイナリーの至る所に鼻を突っ込んでいます。つまり:あらゆる領域のことを把握しているのです。彼女が愛飲するのはゼクト‐スパイシーでチャーミングなクリーミーさがある刺激的な体験です。

リサ‐独立心旺盛、甘い余韻を持つ(1992年)

創造力があり、ワイナリーに常に新しい風をもたらし、二人の姉たちをせき立て、母ブリギッタをワインの味わいや食事との相性といった質問で助けています。しかし一番好きなのは、人生の甘い事に身をささげること。優しい余韻を持つ力強いワインのように。

アナ‐深い味わいがあり多面的(1985年)

彼女はカンプタールでもいい赤ワインができると確信しています。アナとボーイフレンドのマルティンはシュタイニンガーのワイナリーでツヴァイゲルト、ピノ・ノワールなどの栽培実験を続けており、彼らが造った赤ワインによって、白ワインの熱烈な信奉者である父カールの考えを改めさせることができました。



ゼクト(スパークリングワイン)

私たちは古いタイプのワイン造り一家です。手をかけ、そして独自性を持っています。それが一番はっきりわかるのが、ワインでも最も高貴な形のゼクトにおいてです。国際的に画一的な味のゼクトを造ろうとは全く考えていません。私たちは1989年以来、カンプタールの典型的なワインからゼクトを造っています。今では8種類のゼクトがありますが、いずれも、品種と収穫年の持ち味を生かして伝統的な瓶内二次発酵方法で造っています。それぞれのゼクトは、原酒の個性を反映させています。私たちのモットーは、最良の原酒からしか最高のゼクトはできないというもの。ゼクトは繊細なペルラージュによって強調されているワインなのです。



私たちのワイナリーでは、はっきりとブドウの実の個性を強調し、香りもする単一品種のワインを造っています。それぞれのブドウは畑から瓶まで、細心の注意を払いながら、個々に扱われるため、それぞれのワインには個性があります。ランゲロイスでも最高の場所にあるリードは、毎年、新しい喜びをもたらすことを保証しています。

ワイナリーの最新情報

ロイジウムにおいて初のゼクト専門店オープン

ニーダーエーステライヒのワイン醸造所が造るゼクトが豊富に置かれている



ロイジウム(ワイン博物館)は、ニーダーエーステライヒで初のゼクト専門店をオープンした。店では、ブリュンデルマイヤー、アルンドーファーそしてもちろんロイジウムの「家主」であるシュタイニンガーのゼクト合わせて25種類以上を置いています。いずれも「シャンパン製法」つまり、伝統的な瓶内二次発酵で造られていますここには、それぞれの好みに合わせて、たくさんの製品から選べます。
ぜひ、自分で見て、納得してください。


商品名 ソーヴィニヨン・ブラン ゼクト レゼルヴ 2016
(シュタイニンガー)
販売価格

4,200円(税込4,620円)