ホーム White Wine ソービニヨンブラン
ドメーネ ツィリンガー ソーヴィニヨン・ブラン フォシリーニ ブレグ 2019 (テメント)


葡萄品種 Sauvignon Blanc 100%
ソーヴィニヨン・ブラン
辛口 白 750ml
アルコール度数 12.6%
酸度 6.1g/l
残糖度 2.1g/l


ワイン
ドメーネ・ツィーリンガーはテメントがスロベニアに持つもうひとつのワイナリーです。
ファシリーニ・ブレクはテメントのトップ畑ツィルエッグ続きのスロベニア領土にあるライムストーンの畑です。
比較的樹齢の若いソーヴィニョン・ブランをこの畑には植えています。
いわばツィルエッグのセカンドワイン的ワインです
ラベルに書かれたイラストはテメントの畑で見つかった化石の絵。
ウニの一種でタコノマクラの化石。かつてこの地が海であったため、このような化石がライタ石灰岩でよく見られます。
ワインはトロピカルフルーツの果実の香りにかすかにフリンティなニュアンス。
ミネラリックで硬質、ドライな味わい。
スワリングすると複雑味が出てきます。
テロワールが味わいに反映された、ポテンシャルの高い辛口ワインです。

ワイナリー:テメント

ワイナリー
テメント氏は、オーストリアのシュタイヤーマルク州に85ヘクタールのワイナリーを持ち、『ミスター・ソーヴィニヨン・ブラン』と称される称される程、ソーヴィニヨン・ブランの造り手として有名です。
彼は、畑での厳しい作業を大事にし、ぶどうの選別を幾度も繰り返し、収穫します。
セラー内での仕事もまた、圧搾機や発酵のためのステンレスタンクといった現代技術の導入やぶどうに合わせてのフレンチオーク、オーストリアンオーク等の様々なチャレンジをしています。
また、氏は現在かつてのシュタイヤーマルクのソーヴィニヨン・ブランの「フルーティー」さがあり爽やかなイメージをとは対照的に、非常にパワフルでアルコール度の高いソーヴィニヨン・ブランを造り出しています。
さらに、より良いワイン造りのため、他の畑からのぶどう購入を減らし、自身の畑を拡大しました。
彼のぶどう畑はスロベニア国境に面し、石灰質土壌から成るZieregg(ツィルエッグ)と南向きで日照の良い粘土質土壌と石灰質土壌から成るGrassnitzberg(グラスニッツベルグ)から最も多く産出されます。
それらは、テメントの神へのいわば捧げ物と言える卓越したワインなのです。


商品名 ドメーネ ツィリンガー ソーヴィニヨン・ブラン フォシリーニ ブレグ 2019
(テメント)
販売価格

3,400円(税込3,740円)

購入数