ホーム White Wine ゲミシュターサッツ(混植混醸)
ゲミシュターサッツ ロゼ 2017 (グロッサー ワイン)


葡萄品種 Gemischter Satz
ゲミシュターサッツ (混植混醸)
辛口 ロゼ 750ml
アルコール度数 11.9%
酸度 5.5g/l
残糖度 7.5g/l


ワイン
非常に魅力的なロゼワインで輝きのある明るい濃いめのピンク色。新鮮なハーブの香り、果実味が凝縮した、硬で、スパイシーな味わい。
グロッサーのゲミシュター・サッツロゼはまた一杯と飲みたくなる様なワインです。
春にテラスで、スパイスの効いた料理、魚や鶏、パスタなどと。

醸造
良く熟し、健康なブドウのみ選別しながら収穫するという、骨の折れる手作業が特に必要でした。
しかしこのような努力の結果、ゲミシュター・サッツ独特の長所〜複数の異なるブドウが同じ畑に植えられブドウの完熟度がそれぞれ異なり、それを互いに補いあう〜特製が発揮されました。
ブドウは手摘みで同時収穫され、フレッシュさとスパイシーさを最大限にワインに与える為、ステンレススティールタンクで低温醗酵されました。
その後、軽やかで且つ明るさを持たす一方、高貴さと複雑性を与える為、澱と共に寝かせます。

ワイナリー:グロッサー ワイン

ワイナリー
マティアス・クルン氏は食品会社を経て、2012年にズュートブルゲンラント、アイゼンベルクにある最高の区画畑を買収、グロッサーワインをスタートさせました。
アイゼンベルクのスレート土壌を生かし、以前のボルドースタイルの濃いワイン作りを止め、エレガントでミネラリーなスタイルに合う様、トノーと大樽を使用した醸造方法に替えるなど、テロワールを理解したワイン作りをしています。

ゲミシュター・サッツ
アイゼンベルクにある、古い、傾斜のきつい、非常に個性的な畑です。葡萄の樹は古くに植えられました。
その当時は現代は常識とされている、単一葡萄をひとつの畑に植えるというものではなく、様々な葡萄品種をひとつの畑に混ぜて植える手法が主流でした。
ここではブラウフレンキッシュ、ツヴァイゲルト、メルローのブドウの樹が共に勢い良く植わっています。
これらのブドウは同時収穫し、一緒に醸造されます。


商品名 ゲミシュターサッツ ロゼ 2017
(グロッサー ワイン)
販売価格

2,500円(税込2,750円)

購入数