ホーム Sparkling Wine
ゲミシュターサッツ エクストラ ブリュット 2016 (ツァーヘル)


葡萄品種 Gemischter Satz(Chardonnay,Pinot Blanc,Pinot Gris,Grüner Veltliner,Riesling,Roter Traminer)
ゲミシュターサッツ (混植混醸)(シャルドネ、ピノ・ブラン、ピノ・グリ、グリューナー・フェルトリーナー 、リースリング 、ロータートラミナー)
辛口 白 750ml
アルコール度数 12.2%
酸度 6.6g/l
残糖度 5.6g/l


ワイン
このワインはステンレスンクで低温発酵(16℃)を行った後、さらに4か月間滓と共に熟成させ、ボトリング。
18か月の瓶内熟成を経て、瓶詰めを行います。
この作業はツァーヘル家の友人であるシュルンベルガー(※)にて行われ、エクストラ ブリュットのスタイルのスパークリングワインに仕上げています。

※シュルンベルガーはウィーン市内北西部にあるオーストリア最古のスパークリングワインメーカー

ワイナリー:ツァーヘル

ワイナリー
ツァーヘルのホイリゲ居酒屋は1766年マリア・テレジアによって“マウワー”の小学校として建てられました。ツァーヘル家は3世代にわたってワイン造りを行ってきました。わずか0.5ヘクタールの畑から、ホイリゲは4つのテーブルから始めました。今日ツァーヘルはウィーンでも最も有名な畑ヌスベルグなど、ウィーン全ての葡萄生産地に畑を持つまでに成長しました。
日本へは2005年以来毎年安定した品質のホイリゲ(新酒)を輸出。
日本市場におけるホイリゲワインの草分け的存在です。
エステートのロゴの「バタフライ蝶」は自然な葡萄栽培を象徴しています。

葡萄
ゲミシュター・サッツとはフィールドブレンドの事で、異なるブドウ品種の樹を同じ畑の中に混植し、共存するという独特の手法です。
ブドウは同じ日に同時収穫し、醗酵させます。この手法で出来上がったワインはそれぞれのブドウの最も良い特製を表現します。
このワインは、オーストリア産のゲミシュターサッツで造られた唯一のスパークリングワイン。
ウィーンの南、標高385mとウィーンで最も高い所にある、リード クロイスベルグの畑で造られたワインです。

醸造
伝統的な瓶内2次発酵、18か月のシュール リー(滓と共に熟成)



商品名 ゲミシュターサッツ エクストラ ブリュット 2016
(ツァーヘル)
販売価格

4,300円(税込4,730円)

購入数