ホーム White Wine ゲミシュターサッツ(混植混醸)
ゲミシュターサッツ 5ポインツ 2011 (ツァーヘル)


葡萄品種 Gemischter Satz
ゲミシュターサッツ(混植混醸)
辛口 白 750ml
アルコール度数 13.1%
酸度 4.4g/l
糖度 15.4g/l


ワイン
ツァーヘルは色々な畑を所有していますが、その全ての畑から造られるワインを醸造したいという思いがありました。
その結果誕生したのがこのファイブポインツです。
ウィーンの5つのエリア(ビーサンベルグ、ヌスベルグ、シーバリング、オーバラ、マウアー)のゲミシュターサッツの畑から造られます。
ファイブポイントの意味は5つの畑と5つの異なった土壌(レス、石灰、砂、砂利、ドロミット)です。
収穫時期は10月終わり。マストの上で発酵し、1週間浸漬。
50%ステンレスタンク発酵。50%は8年前の古いフレンチオーク。
ゲミシュターサッツの質と知名度を上げる為にこのワインを造りました。

濃い黄金色。南国のフルーツや核果(桃や梅)のフルーツ、アプリコットやメロンなどの凝縮した香り。
ミネラリーでスパイシー、喉越しはミネラリックで20種の葡萄品種が織りなす様々なフルーツの果実味と、長い余韻が素晴らしい。
20年熟成可能なポテンシャルの高いワインです。

ワイナリー:ツァーヘル

ワイナリー
ツァーヘルのホイリゲ居酒屋は1766年マリア・テレジアによって“マウワー”の小学校として建てられました。ツァーヘル家は3世代にわたってワイン造りを行ってきました。わずか0.5ヘクタールの畑から、ホイリゲは4つのテーブルから始めました。今日ツァーヘルはウィーンでも最も有名な畑ヌスベルグなど、ウィーン全ての葡萄生産地に畑を持つまでに成長しました。
日本へは2005年以来毎年安定した品質のホイリゲ(新酒)を輸出。
日本市場におけるホイリゲワインの草分け的存在です。
エステートのロゴの「バタフライ蝶」は自然な葡萄栽培を象徴しています。

葡萄
ゲミシュター・サッツとはフィールドブレンドの事で、異なるブドウ品種の樹を同じ畑の中に混植し、共存するという独特の手法です。
ブドウは同じ日に同時収穫し、醗酵させます。
この手法で出来上がったワインはそれぞれのブドウの最も良い特製を表現します。

リースリング、グリューナー・フェルトリーナー、ヴァイスブルグンダー、ロートギプラー、ツィンファンドラー、ゲルバー・トラミナー、グラウブルグンダー、フリューローター・フェルトリーナー、ノイブルガー、シャルドネ、ムスカット・オットネル、ローター・トラミナー、ゲベルツトラミネール、ミュラー・トゥルガウ、ウエルシュリースリング、ブラウワー・フェルトリーナー、セイムリング88,ゲルバー・ムスカテーラー、フルミント、オランジェトラウベン。
混植、混醸


商品名 ゲミシュターサッツ 5ポインツ 2011
(ツァーヘル)
販売価格

15,000円(税込16,500円)

購入数