ホーム White Wine リースリング
リースリング リード ブルグスタール ヴァッハウ DAC 2020 (エフ・エックス・ピヒラー)


葡萄品種 Riesling 100%
リースリング
辛口 白 750ml
アルコール度数 12.1%
酸度 6.5g/l
残糖度 2.7g/l


Wachau ヴァッハウのワイン格付け

【フェーダーシュピール】FEDERSPIEL

名前の由来は、鷹狩りの際に鷹を呼び戻すために使用した、ヴァッハウ地方に古くから伝わる鳩の羽で作られたブーメラン状の道具から由来しています。
この名をつけるワインは、豊かな果実味が表現されたフルーティでチャーミングかつエレガントなワッハウの伝統的白ワインです。オーストリアのワイン法でカビネットのランクに相当します。KMW17度以上 アルコール度11.5%~12.5%


味わい
非常にフレッシュな果実の香りが印象的でライムやピーチなどのニュアンスを感じられる。トロピカルフルーツの様なニュアンスも。
味わいはミネラリーな味わいと果実味がよくバランス感が取れており、ワイン全体がはっきりとしてクリアな味わいです。

ワイナリー:エフ・エックス・ピヒラー

ワイナリー
『Falstaffファルスタッフ』5つ星格付ワイナリー!   
ピヒラー家は1982年から本格的に家族経営のワイナリーとしてスタートし、現在16ヘクタールまでに拡大。
葡萄栽培はヴァッハウ特有のテラス状の急斜面で行われることからすべて手作業で管理されるという過酷な条件の中、世界遺産にも認定されているヴァッハウの土壌のポテンシャルと、この地ならではの気候を最大限に生かした素晴らしいワインを生産しています。
オーナーのフランツ・クサファー・ピヒラー氏と息子のルーカス・ピヒラー氏による土壌、気候、葡萄のポテンシャルを最大限に引き出す才能は定評があります。

気候
ピヒラーがあるヴァッハウ、オーバーロイベンは東の暖かいパノニア気候であり、乾燥した風がヴァッハウ渓谷に流れ込み、ここで西の大陸性気候とぶつかります。
ヴァルトフィアテルから冷風が、谷に沿ってドナウ川に流れ込みます。このため、昼夜の温度差が大きくなります。
更に、局地気候の力も相まって、これが、少なくとも2000年間、ヴァッハウ産ワインの特徴である凝縮した上品な香りを生み出しています。

ロイブナー ブルグスタール
単一畑のブルグスタールは、高台に向かって伸びる純粋な片麻岩と花崗岩の上に風化堆積土がかぶさった土壌です。
「ブルグスタール」という名前は中世に、侵入者から家畜を守るための小さい要塞にちなんでおり、この畑は1248年には文献で確認されています。
この太陽の光をふんだんに受ける日照が良く、風通しの良い環境は、繊細で果実味たっぷりで純粋な味わいのワインを造りだすリースリングのフェーダーシュピールのレンジの為の葡萄を栽培するのに最も適しています。


商品名 リースリング リード ブルグスタール ヴァッハウ DAC 2020
(エフ・エックス・ピヒラー)
販売価格

5,100円(税込5,610円)

購入数