ホーム White Wine グリューナーフェルトリーナー
グリューナー・フェルトリーナー シュット スマラクト 2019 (クノール)


葡萄品種 Grüner Veltliner 100%
グリューナー・フェルトリーナー
辛口 白 750ml
アルコール度数 13.8%
酸度 5.3g/l
残糖度 1.2g/l


Wachau ヴァッハウのワイン格付け

【スマラクト】SMARAGD
ヴァッハウで最高のワインに与えられる名称で、名前の由来は、ドナウ河畔のテラス状のぶどう畑の陽だまりに遊ぶエメラルド色のトカゲ『スマラクト』(エメラルド)からで、良い畑にだけ現れると言われています。
この『スマラクト』の名を付ける事のできるワインは、最も濃厚で、最もアルコール度が高い、豊かな果実味とバランスのよい酸味が調和した好条件の年に造られる逸品だけです。
オーストリアのワイン法でシュペートレーゼクラスの熟成度のぶどうから造られるワインですが、完全発酵する事が条件で最低アルコール度数は12度です。
『スマラクト』クラスのインは十分に熟成する事が望ましいので収穫の翌年の5月1日から販売する事が許されます。
長期保存するほどに味が深くなるヴァッハウの自然が生む最高級白ワイン。
KMW19度以上 アルコール度12.5%以上

醸造
クノールでは、木樽もステンレススチールも使用しています。スマラクトは主に木樽で熟成させ、フェーダーシュピールはスチールタンクですが、いつもそのように決まっているわけではなく、フェーダーシュピールでも大樽で熟す物もあれば、ステンレススチールで熟成させるスマラクトもあります。
ワインに最適な方法をその都度選んでいます。スマラクトの瓶詰は遅く、7月および8月に行います。
力強いワインにするためには熟成を少し長くする必要があリ、またクノールのワインスタイルから、他のワインより、さらに長い熟成期間が必要だからです。
このようにして、スマラクトの販売は9月から始める一方、フェーダーシュピールはイースター(復活祭)の頃から販売します。

ワイナリー:クノール

ワイナリー
『Falstaffファルスタッフ』5つ星格付ワイナリー!
クノールはオーストリア・ヴァッハウにある200年という古い歴史を持つワイナリーです。
現オーナーのエメリッヒ・クノール氏のこだわりの醸造技術は超伝統的な製法で精巧、独創的に富んだワインを造り、その製法はまるで高級腕時計職人のようだ、と、言われています。
現在は同名で息子のエメリッヒ・クノール氏が後継者として活躍しています。


クノールの所有畑は約15ヘクタールで、すべてヴァッハウ・デュルンシュタインにあります。
その中で最も有名な畑はロイベンベルクやクロイトレスです。
クロイトレスの畑はグリューナー・フェルトリーナー栽培の中心的存在であり、ここでは、フェーダーシュピールおよび軽いスマラクトが作られています。
原生岩土壌に砂質の畑です。


商品名 グリューナー・フェルトリーナー シュット スマラクト 2019
(クノール)
販売価格

7,000円(税込7,700円)