ホーム White Wine リースリング
リースリング ハイリゲンシュタイン エーステラーゲ 2016(シュロス・ゴベルスブルク)


葡萄品種 Riesling 100%
リースリング
辛口 白 750ml
アルコール度数 12.8%
酸度 7.1g/l
残糖度 1.0g/l

ワイン
第20回ジャパン・ワイン・チャレンジ 2017 5つのTROPHY受賞!
・JAPAN WINE CHALLENGE 2017 GOLD Award
・International Trophy for Best Old World White
・Regional Trophy for Best White for Austria
・BEST OF SHOW TROPHY
・Best Value White Wine for Wines from 5,000 yen and above Award

香りは南国系フルーツの様なフルーティさや、梨や桃などのニュアンス。
味わいはしっかりと果実味は感じられ、その中にも酸味とミネラルの存在感を感じます。
べたつきすぎない絶妙なバランスが保たれておr里、幾重にも層を成す葡萄のエキス分の甘みがあり、非常に上品でなめらかな舌触り。
カンプタール地方のリースリングのお手本とも言えるような、長期熟成が可能な高品質のワインです。


<アペラシオン&スタイル>カンプタールDAC リザーヴ
<土壌>ペルム サンドストーン 火山性堆積土壌 
<仕立て>垣根仕立

<ハイリゲンシュタイン>
シングルヴィンヤードのハイリゲンシュタイン畑はハイリゲンシュタインの丘に点在する主にリースリングを植えているテラス状の畑です。
この丘はランゲンロイス村のランドマークです。ツェーヴィンガーのペルムの土壌はこの地固有の基盤岩で、泥岩、花砂岩、有機物の堆積物で出来ています。
このハイリゲンシュタインのリースリングのテラス畑の中には、ゴベルスブルクの畑の中でも最も古い畑があります。

<ワイナリー:シュロス・ゴベルスブルク>

ワイナリー
『Falstaffファルスタッフ』4つ星格付ワイナリー! 遅くとも1171年以来カンプタールでワインを生産する、現存するオーストリア最 古のワイナリーのひとつ。ヴァインフィアテルを本拠地とするシトー派ツヴァッテ ル修道院の所有ですが、1994年以来、ワイナリー、ブドウ畑、果樹園、穀物畑、 家畜等全ての所有権を現オーナー、ミヒャエル・モースブルッガー氏が60年リース で借り受け、運営しています。銘醸畑35haを所有し、グリューナー・フェルトリー ナーとリースリングが主要葡萄品種です。
商品名 リースリング ハイリゲンシュタイン エーステラーゲ 2016(シュロス・ゴベルスブルク)
販売価格

8,100円(税込8,910円)

購入数